羽ばたく力と舞い上がる心

人気 プロバイダ キャンペーン羽ばたく力と舞い上がる心

人気プロバイダが行っているキャンペーンについて、色々とご紹介します。

Wi-Fi WALKER WiMAX

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして発表になったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX機器です。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている主な特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を使い分ける事が出来ると言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載して、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回りほど広いエリアでの通信に対応しています。
その上、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との全く違うところな訳です。



WiMAXサービスの評判について調べていると、様々な意見が存在します。



例を挙げれば、通信が途切れるだとか、そう言った否定的な口コミもあります。
ただし、WiMAXの対応エリアは毎年広がる一方です。
と言う事で、口コミの内容をそのまま鵜呑みにする事は出来ません。口コミでWiMAXについてあれこれ調べる場合、いつの口コミなのかを把握しながら読む癖を付けましょう。

WiMAXの端末の中には、au 4G LTEと言うauの通信回線に対応している機種もあります。
au 4G LTEは人口対応率が99%の通信回線で、広大なエリアで繋がります。

その上、800MHzのプラチナバンドを使っていますから、奥まった部分まで電波が行き届きます。



他方で、一回でも使うと月に1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が普通に適用されます。



WiMAXと言うモバイルインターネットサービスの提供元は、auのグループ会社のUQコミュニケーションズです。だから、auと連携したサービスがいくつか存在します。

その中で代表的なのが、auスマートバリューmineと言うサービスなのです。

WiMAXサービスの契約を行った後にauショップにて手続きを行なうと、auの月額料金が安くなるサービスです。今のネット業界の動向を見ていると、従来の回線を凌ぐ勢いでモバイルインターネットへの需要が高まりつつあります。



好きな場所からインターネットにアクセスする事が出来ると言う自由度があって、利便性が大幅に上がっています。そう言う面とは逆に、モバイルに対して安定性に対して懐疑的な方もいるでしょう?ではありますが、モバイル関連の基地局の数は増える一方ですから、安定性への不安は払拭されています。



って事ですから、モバイルって事ではありますが、侮れません。WiMAXサービスは電波を使ったネットサービスとなっていますから、人によっては体に対する良くない作用を気にする方もいるでしょう。具体例を挙げると、各電子機器の発する電波が身体の細胞に傷を付けて発がん性を高めるのではないのかとか、精子の動きを低下させるのではないかと言った噂も話題となりました。そうは言っても、WiMAXサービスの使用する2.5GHzの電波に対しては、体へ及ぼす影響の科学的な根拠が示されていません。
また、ペースメーカーへ与える悪影響に対しても気になる部分ではありますが、総務省の研究によって影響のない事が証明されていますから、WiMAXサービスを安心して利用する事が出来ます。WiMAXサービスは無線を使ったインターネットですので、その方式による利点が沢山あります。



具体例を出すと、これまでのインターネット回線のように建物ごとでの申し込みではありませんから、WiMAX端末さえカバンに入れて持ち歩けば、1回線の契約で様々な場所からインターネットが出来ます。

その上、無線ですから回線工事が不要となりますので、WiMAX端末が手元に届いて直ぐにインターネットを行なう事が出来るだけではなくて、回線工事の費用を負担する必要もないので安価でインターネットが出来ます。その上、無線なので配線で室内がごちゃごちゃするような事もありませんから、掃除も非常に楽だし部屋も整理されます。


UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX端末として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う点がウリのWiMAX端末です。
これだけ速い通信速度を出す事が出来る理由は、WiMAX 2+とFD-LTEを使用したキャリアアグリゲーションにあるのです。


この3波を使用したCAですけど、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を1つに束ねる事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を達成出来ている訳なのです。ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っているショップには限りがある為、利用出来るキャンペーン特典の選択肢もそんなに種類が多くありません。


WiMAXに申し込めば、この利便性の高さに驚かされます。私が思ったのが、通信制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、速度制限のせいでイライラする事が無くなりました。

UQ WiMAXにも速度制限はありますが、ギガ放題プランで契約すれば気にするレベルでは無くなるのです。
WiMAXサービスの料金プランは数種類あります。
プロバイダにより少し違いはあるのですが、大きく分けて2種類の料金プランがあります。その料金プランが何かと言うと、通常プランとギガ放題プランの2種類です。
ギガ放題プランは月々の支払いが少しだけ高額になりますが、それ以上にお得感あって、たっぷりと通信を行なう事が出来ます。


その点、通常プランは安いと言うメリットがあるものの、良い事だけじゃなく、速度制限の規制が厳しくなります。どんだけ通信量が必要なのかを検討しながら、2つの料金プランのうちの1つを選びましょう。

WiMAXサービスの中でも業界最安

WiMAXサービスの中でも業界最安値で有名なプロバイダが、楽天サービスが運営するRacoupon WiMAX 2+と言うプロバイダです。Racoupon WiMAX 2+のメリットは月額料金の安さのみではなくて、楽天クーポンの割引チケットが1000円分付いて来ると言う点もあります。
更には、月額利用料金の中には安心サポート代が含まれていますので、もしWiMAX端末が壊れた場合にも安心出来ます。
更には、通常は20000円するWiMAX端末代が、Racoupon WiMAX 2+であればタダになる特典まで付いて来ます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として登場したWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15です。


Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持つ特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を使い分ける事が出来ると言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う技術を備え、これまでのWiMAX端末のWiMAX通信と比較すると、一回り広範囲での通信に対応しています。その他、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した際の大きな違いな訳です。nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が出来るキャンペーン特典が貰えます。

キャンペーン対象のWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類になります。
nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が可能となります。

WiMAX端末が手元になくても使用する事が出来ますし、速度制限も気にしなくて良くなりますから、とても評判のあるサービスになってます。
PEPABO WiMAXと言うプロバイダでWiMAXサービスの契約を行なうと、様々なキャンペーン特典が貰えます。そのPEPABO WiMAXのキャンペーン特典の中でも独自的なのが、レンタルサーバーヘムテルやホームページ作成サービスグーペ、フォトストレージサービスとなる30days Albumを無料で利用出来ると言うキャンペーン特典です。
いくつかあるPEPABO WiMAXの提供するキャンペーン特典の中のたったこれだけの特典だけでも、合計40550円分の金銭的メリットが得られます。


その他、業界で二番目に高い金額のキャッシュバックも貰えますから、結果、PEPABO WiMAXの金額的メリットは非常に大きいです。
WiMAXサービスは無線を利用するインターネットサービスですので、実際に使用してみないと分からないところではあります。



そんな人にお勧めなのが、Try WiMAXと言う15日間利用出来るWiMAXのお試しサービスです。クレジットカードの登録とアンケートへの回答が利用条件とはなりますが、契約前にWiMAXサービスを利用する事の出来る嬉しいシステムです。



サービスの利用中にUQ WiMAXからセールスの電話がありますので、そのまま契約まで進めるのも良いでしょう。



それぞれのWiMAX端末にはクレードルと言う専用の充電台がありますけど、これがある事で2種類の通信モードを使い分ける事が出来ます。一つ目がAPモードなのですが、この通信モードはWiMAX端末をアクセスポイントとして使用する事の出来る機能で、ブロードバンドルーターとクレードルを繋ぐ事でWiMAX端末をWi-Fiルーターとして利用出来るようになります。
二つ目がルータモードと言う通信モードなのですが、Wi-FiやBluetoothなどのテザリングに非対応の古い機器とクレードルとを繋ぐ事で、それらを有線通信と言う方式でインターネットへアクセスさせる事が出来ます。

また、クレードルにWiMAX端末を接続する事によってフル充電状態が継続されますから、いつからでもWiMAX端末を外に持ち出す事が出来るようになります。WiMAXのサービスは25ヵ月間契約が基本になってて、途中で解約をすると違約金を請求されてしまいます。



そんな長期契約期間になっていますので、しっかりとしたところと契約をしたい所です。意外と見落とされがちな部分が、各契約先のサポートセンターの対応です。

コールセンターの営業日が平日だけだったり、フリーダイヤルじゃ無かったりするプロバイダも少なくないですから、しっかりと判断してから契約を行いたいものです。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を実装して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、現在は対応しているエリアが広がっています。また、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま受け継ぎ、広いエリアでの通信に対応している部分がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。勿論の事ですが、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルにも対応していて、充電しながらの通信も可能です。近年のUQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTE通信に対応しているWiMAX端末も登場しています。au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線を使用し、日本の人口カバー率99%を超える、とても繋がりやすい通信回線です。800MHzと言う低周波数を使用したプラチナバンドなので、障害物を貫通したり回り込んだりするので、奥まった位置にも電波が届きやすいです。

従来のau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応している地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡大して来ています。
WiMAXサービスの申し込みを検討する時には、ちょっとでもサービス内容に疑問がある事で前に進めなくなる事があります。お問い合わせの電話番号が記載されてたとしても、押し売りされるのではと不安になってしまいます。そんな心配に対して配慮して作られているのが、nifty WiMAXのキャンペーンサイトに備え付けられているチャットです。質問が出て来た場面で入力して送信出来、すぐに専門のスタッフから回答を得る事が可能です。

WiMAXサービスを提供するプロバイダ

WiMAXサービスを提供するプロバイダの間において、評判のプロバイダの一つにGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。


GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを展開していて、そのバリエーションの豊富さも人気の秘密です。それだけではなくて、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな理由としては、業界最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。


なおかつ、保証内容もしっかりしてるので、そう言った点が評判を支える大きな部分となっているのです。


WiMAX端末は普通の価格が20000円しますし、クレードルのセット販売で22750円もします。
それなりの金額となりますので、WiMAX契約の際の足かせとなります。ってことで、それぞれのプロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントキャンペーンを行っています。
プロバイダによってはクレードルセットでタダの所もありますので、そんなプロバイダを選ぶとベストです。

それぞれのWiMAX端末にはクレードルと言う充電台が別売りで売られていて、値段としては大体3000円前後くらいします。このクレードルの必要性が気になると言う人もいるでしょうが、基本的にはクレードルはなくてもWiMAXを利用する事が出来ます。とは言っても、クレードルがある事でイーサーネットポートを使用する事が可能ですので、LANケーブルを使用したAPモードやルータモードが使用する事が出来るようになります。

しかも、常にWiMAX端末をフル充電の状態で保つ事が出来ますので、いつでも外に持ち運ぶ事が出来るようになります。
月額料金の安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言うプロバイダがございます。びっくりするほど月々の費用が安いプロバイダですから、あれこれ条件を付けない中であれば、業界で一番安いWiMAXのプロバイダであると言えます。しかし、auスマートバリューmineに対応していませんので、auのスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、あまりうまみのないWiMAXのプロバイダとなります。その上、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していませんので、そう言う点でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言えます。WiMAXと言うインターネットサービスの特長としては、無線通信を行なう事が出来ると言う点が一番大きいです。無線ですから、インターネット環境を持ち運ぶ事が出来るようになります。その上、WiMAX端末はポケットサイズですので、携帯性に長けています。
諸々の点を考えると、タブレットとの相性が良いです。


と言う事なので、WiMAXのキャンペーンの中にはタブレットの無料プレゼントが行われている所もあります。流行りのインターネットサービスの動きを観察していると、じわりじわりとモバイル業界の人気が高まる傾向にあります。
使える場所が予め決まっている固定回線とは違うので、利便性が格段に上がります。


モバイルと言えば、安定性に不安が残る方もいるでしょう。


ただ、モバイルの整備は目まぐるしく進んでいますから、安定したインターネット環境を手にする事が出来ます。

って事で、そんなモバイルに対して、侮れません。URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX端末なので、バッテリーが組み込まれていない理由から、使用目的は屋内使用のみに限定されています。そんな面はありますけど、可動式の高性能アンテナが外部に取り付けられており、受信精度の高さが特徴の一つとなっています。合わせて、同時に16台もの機器をWi-Fi通信出来る上、2台の機器を有線で通信する事が可能です。

更には、WiMAX通信のみを利用するノーリミットモードに対応していますので、速度制限に囚われる事なくインターネットを利用する事が可能です。


確かにWiMAXには速度制限がありますけど、そんなに厳しいものではありません。ギガ放題プランに申し込めば、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限がないです。

また、混雑回避の為の速度制限も、他社モバイルインターネットサービスの3倍の通信量を使用する事が出来ます。
帯域制限時であっても、動画を観る事が出来る通信速度は維持されます。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOに対応し、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なうテクノロジーの事です。
そのテクノロジーによって、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsから、倍の220Mbpsとなる訳です。合わせて、Bluetoothに対応していますから、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングをする事が出来ます。WiMAXの通信を行なう為には、専用の通信回線が必要です。WiMAX端末は新しい端末が次々と登場するので、WiMAX端末の持つ機能はどんどん強化される一方です。


WiMAXの通信回線もそうで、WiMAX端末はWiMAXしか使用出来ない作りでしたが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線を使い分ける事が可能となりました。

他にも、毎年通信速度が速くなって来ています。

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入された時も、通信速度が220Mbpsへと速くなりました。

先頭へ
Copyright (C) 2014 羽ばたく力と舞い上がる心 All Rights Reserved.